<スポンサードリンク>

2013年03月06日

WBC1次リーグ敗退の韓国 お約束のファンらがルールにいちゃもん?

熱戦中のWBCで早くも前回準優勝の韓国チームが姿を消しました。
URl:http://baseball.yahoo.co.jp/wbc/news/detail/20130306-00000036-sph/前回準優勝の韓国敗退
引用:
◆第3回WBC 1次ラウンドB組 韓国3―2台湾(5日・台中インターコンチネンタル球場) B組は過去2大会で日本と死闘を演じてきた韓国が、1次ラウンド(R)で消えた。台湾は初、オランダは2大会連続の2次R進出。韓国は台湾に逆転勝ちし、オーストラリアを下したオランダを含めた3チームが2勝1敗で並んだ。大会規定により1位が台湾、2位がオランダ、韓国は3位となった。2次Rは8日から東京ドームで行われ、決勝トーナメント進出をA組の日本とキューバを含めた4チームで争う。

 台湾に逆転勝ちしたのがせめてもの慰めだったのか。韓国ナインは初の2次R進出に沸く敵地ファンの歓声の中、淡々とスタジアムを後にした。

 2勝1敗で3チームが並んだが、大会規定〈2〉のTQBが1位は台湾で「プラス0・24」、2位はオランダで「0」、3位は韓国の「マイナス0・24」。2日のオランダ戦での0―5の敗戦が最後まで響いた形だ。

 この台湾戦で6点差を付けて勝つことが、2次Rに進出の条件だった。大量点が必要になるため、1回二盗を決めた鄭根宇が三塁を欲張り、5回にも再び鄭根宇が李大浩の右中間安打で本塁を狙ってともにタッチアウト。焦りばかり目立った攻撃で、7回まではスコアボードに0を並べることしかできなかった。

 打線は、李承ヨプ、金泰均、李大浩と3人の経験十分なスラッガーと、脇役達をそろえた。不安は過去の大会で活躍した投手陣が参加していないディフェンスだった。台湾での練習試合に2勝3敗1分けで、台湾のアマチュアチームにまで完封負けする始末。肝心の打線の調子も上がらず、それを本戦まで引きずってしまった。

 中央日報電子版によると、韓国野球委員会(KBO)の具本綾総裁も打撃陣の不振に関連して「現地練習場所の選択が悪かったのか、食事が悪かったのか」と反省のコメントを残している。試合後、柳仲逸監督は「第1回は4強入りし、前回大会は準優勝して野球大国になった。今回は2次ラウンドにも行けず、謝りたい」と言うのが精いっぱいだった。

 北京五輪金メダルや09年のWBC準優勝も手伝って人気沸騰中の韓国プロ野球。今年は9球団目が誕生、数年後には2リーグ制も視野に入って来ている。また、屋根付き球場建設のプランも持ちあがっているが、そんな勢いに水を差すことになりそうな1次R敗退だった。
:引用終了

2勝しながらも得失点差で敗退が決定したわけですがお決まりのように韓国ファンらから、

「そもそもこのWBCのルールはどうなんだ?」

というような疑問、いわゆるイチャモンが上がっているそうです。
URL:http://baseball.yahoo.co.jp/wbc/news/detail/20130306-00000001-tospoweb/韓国ファンら現行ルールに疑問の声
:引用:
野球の第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)1次ラウンドB組最終日は5日、台湾で行われ、韓国が台湾を3−2で下したものの点差により台湾の2次ラウンド進出が決定。第2回大会の準優勝国は1次ラウンドで姿を消すことになったが、韓国ファンの中にはWBCのルールに疑問を呈する声も上がっている。

 この試合の前に行われたB組のもう一試合、オランダ対オーストラリアの結果を受け、韓国の2次ラウンド進出のためには最低でも5点差以上の勝利が求められていた。

 イ・デホ(オリックス)や元巨人のイ・スンヨプを擁するなど韓国打線は過去最強との呼び声が高かったが、この日は台湾投手陣の前に沈黙。それでも意地を見せるように8回裏に4番イ・デホのタイムリー、さらに7番カン・ジョンホの2ランで3−2とリードを奪うものの、8番カン・ミンホが三振に倒れスリーアウト。この試合ではリードしているため韓国の9回裏の攻撃はなく、この時点で韓国の1次ラウンド敗退が決定した。

 1次ラウンド敗退を受け、韓国人ファンたちからはツイッターなどで「選手たちはよくやった」と最後まであきらめなかったチームを称える声や「韓国野球が発展する間に、他の国も発展していたということ」と台湾やオランダの強さを認める声が上がった。

 また、事前に2次ラウンド進出に必要な点差が分かってしまうことに対し「WBCもサッカーW杯予選の最終試合のように2試合同時進行で試合をすべき」「そもそも野球で総試合の得失点差により順位を決めることが正しいのだろうか」と現在のルールに疑問符をつけるファンも見られた。
:引用終了

対して日本人のコメントは、

「また始まったか」
「また言い訳か」
「ルールは平等だろ」
「5点差もつけられて負けるほうが悪い」
「もう出場するな」

など呆れかえったメッセージが多数。一部では韓国野球評論家が「負けたのは日本のせい」と結論つけたり…。なんともお粗末な国だと感じます。
台湾へありがとうと言いたくなるような後味を残しておりますが責任転嫁をしているような国においては至極当然な結果だと思います。

韓国も中国も似たような国民性でしょうか。
もう少しプライドを持ってやって欲しいものだと感じます。

因みに日本は2次リーグ進出が決まっていて、
この2次リーグは簡単にいうと"二回負ければ敗退"となります。

参考写真.jpg
勝利をもぎ取れば!
侍ジャパン!!
posted by 夢追人 at 11:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月20日

WBC日本代表メンバー28人を選出!試合日程

野球の国を賭けた戦いが間もなく始まりますがそのメンバーらが発表されました。今回はとくに日本は3連覇がかかっており、なおのこと注目が集まっていますね。
参考写真.jpg
URL:http://baseball.yahoo.co.jp/wbc/news/detail/20130220-00000016-maiall/
引用:
3月に開催される野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場する日本代表、侍ジャパンのメンバー28人が20日決まった。投手13人、野手15人の顔ぶれは次の通り。(代表チームでの背番号、名前、所属チーム、投打、年齢)

 【投手】11涌井秀章(西武)右投右打26歳 ▽14能見篤史(阪神)左投左打33歳 ▽15沢村拓一(巨人)右投右打24歳 ▽16今村猛(広島)右投右打21歳 ▽17田中将大(楽天)右投右打24歳 ▽18杉内俊哉(巨人)左投左打32歳 ▽20前田健太 (広島)右投右打24歳 ▽21森福允彦(ソフトバンク)左投左打26歳 ▽26内海哲也(巨人)左投左打30歳 ▽28大隣憲司(ソフトバンク)左投左打28歳 ▽35牧田和久(西武)右投右打28歳 ▽47山口鉄也(巨人)左投左打29歳 ▽50摂津正(ソフトバンク)右投右打30歳

 【捕手】2相川亮二(ヤクルト)右投右打36歳 ▽10阿部慎之助(巨人)右投左打33歳 ▽27炭谷銀仁朗(西武)右投右打25歳

 【内野手】1鳥谷敬(阪神)右投左打31歳 ▽3井端弘和(中日)右投右打37歳 ▽5松田宣浩(ソフトバンク)右投右打29歳 ▽6坂本勇人(巨人)右投右打24歳 ▽7松井稼頭央(楽天)右投両打37歳 ▽41稲葉篤紀(日本ハム)左投左打40歳 ▽46本多雄一(ソフトバンク)右投左打28歳

 【外野手】9糸井嘉男(オリックス)右投左打31歳 ▽13中田翔(日本ハム)右投右打23歳 ▽24内川聖一(ソフトバンク)右投右打30歳 ▽34長野久義(巨人)右投右打28歳 ▽61角中勝也(ロッテ)右投左打25歳
:引用終了

イチローなど海外組がいないのでやや不安もありますがこれがほんとの日本の野球でもあるのだと思います。3月2日より日本VSブラジル戦を皮切りに開幕します。

試合日程URL:http://www.npb.or.jp/wbc/2013schedule.html
引用:
A組(日本、中国、キューバ、ブラジル)
 日本・福岡 ヤフオクドーム
Game 1 3/ 2(土) 19:00 ブラジル vs 日  本
Game 2 3/ 3(日) 12:30 ブラジル vs キューバ
Game 3 3/ 3(日) 19:00 日  本 vs 中  国
Game 4 3/ 4(月) 16:30 キューバ vs 中  国
Game 5 3/ 5(火) 17:00 中  国 vs ブラジル
Game 6 3/ 6(水) 19:00 キューバ vs 日  本
引用終了」
posted by 夢追人 at 20:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする