<スポンサードリンク>

2013年09月08日

2020年オリンピック開催は東京に決定!安倍首相「原発はコントロールされた状況にある」

参考写真.jpg

参考写真2.jpg

2020年開催のオリンピックは東京に決定しました。マドリードが最初に落選し、イスタンブールと東京の決選投票になり4度目の2本での開催を勝ち取りこれは非常に嬉しい事だと思います。いろいろ問題は山積みだった日本でしたがそれ以上に世界の支持を集められたことが勝因かと思います。

URL:東京開催が決定 56年ぶり2回目
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130908-00000013-mai-spo

引用:
【ブエノスアイレス藤野智成】国際オリンピック委員会(IOC)は7日、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで総会を開き、2020年夏季五輪・パラリンピックの開催都市に東京を選んだ。東京では1964年以来56年ぶり2回目の五輪開催。72年札幌、98年長野の冬季五輪を含めれば、日本で4回目の五輪開催となる。

20年五輪の開催には東京、マドリード(スペイン)、イスタンブール(トルコ)の3都市が立候補。7日の総会では、各都市がプレゼンテーション(最終演説)を行った後、約100人のIOC委員による投票が行われた。1回目の投票では東京が42票で1位通過。マドリードとイスタンブールが26票で最下位に並び、再投票でイスタンブール49票、マドリード45票でマドリードが脱落した。続いて東京とイスタンブールによる決選投票が行われ、東京は60票、イスタンブールは36票で午後5時(日本時間8日午前5時)からの発表セレモニーで、ジャック・ロゲ会長が「東京」の名を告げた。

 大会の会期は20年7月24日から8月9日。パラリンピックは8月25日から9月6日まで。新たに建て替えられる国立競技場をメインスタジアムとし、大半の競技施設が中央区晴海に造られる選手村から8キロ以内に配置される。日本武道館など64年五輪と同じ会場で行う競技もある。

 東京は前回の16年五輪招致にも立候補していたが落選。当時の石原慎太郎・東京都知事が20年五輪への再挑戦を決め、後任の猪瀬直樹知事が引き続き招致活動をリードした。各界の連携が希薄だった前回の反省から、都とスポーツ界だけでなく国や経済界も早くから招致活動に加わり、各界が連携して東京をアピールしていた。
◇安倍晋三首相の談話

 本当にドキドキした。本当にうれしい。国民の皆さんと喜びを分かち合いたい。東京がオリンピック精神を広げ、伝えていけるということを訴えて、IOC委員の心を打つことができた。東京は安全で確実なオリンピックを開催できる。

 ◇投票の結果◇

【1回目】

東   京   42

イスタンブール 26

マドリード   26

【最下位決定の投票】

イスタンブール 49

マドリード   45

→マドリードが除外に

【決選投票】

東   京   60

イスタンブール 36
:引用終了

URL:20年五輪:IOC総会プレゼン 首相の発言要旨
http://mainichi.jp/sports/news/20130908k0000m050093000c.html

引用:
【ブエノスアイレス松尾良】国際オリンピック委員会(IOC)総会での安倍晋三首相の発言要旨は次の通り。

 【演説】

 東京は世界で最も安全な都市の一つだ。それは今でも、2020年でも一緒だ。懸念を持つ人もいるだろうが、東京電力福島第1原発について私は皆さんに約束する。状況はコントロールされている。決して東京にダメージを与えない。オリンピックが安全に行われることを保証する。財政的にも整っている。

 開催地に東京を選べばオリンピックムーブメントに新たな強い息吹を吹き込むことになる。IOCと力を合わせ、世界をよりよい場所にしていこうと思っている。

 【質疑】

 (汚染水問題は)結論から言って全く問題ない。事実を見てほしい。汚染水による影響は福島第1原発の港湾内の0.3平方キロメートルの範囲内で完全にブロックされている。

 近海でモニタリングしているが、数値は最大でも世界保健機関(WHO)の飲料水の水質ガイドラインの500分の1だ。日本の食品や水の安全基準は世界で最も厳しい。健康問題については、今までも現在も将来も全く問題ないと約束する。

 さらに完全に問題のないものにするため抜本解決に向けたプログラムを決定し、着手している。日本の首相として(子どもたちの)安全と未来に責任を持っている。日本に来るアスリートにも責任を持っている。その責任を完全に果たす。
:引用終了




冷静に見てみるとどうしてもこの原発問題の発言には違和感を感じてしまう方も多いのではないでしょうか。現状で”制御下にある”というのは無理があるような気もしますがそれで多くの方が納得してしまったのか…もともと海外に向けて情報も発信していないと思われますが。

逆に考えればこれからは明確に情報を海外に発信していかなければオリンピックボイコットという事態にもなりかねませんし、復興や原発問題解決においても気合を入れてやっていかないと開催取り消しなんてこともありるわけです。

福島県や被災地の住民はとくにそう思っていることと思います。それが今回のこの東京開催決定がこれらのきっかけになっていればそういった意味で総合的に招致成功は良かったのかもしれませんね。
posted by 夢追人 at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月04日

サッカー日本代表 5大会連続でW杯出場が決定!対豪戦苦戦しながらも1-1引き分け

サッカー日本代表の大一番である対オーストラリア戦で日本は後半に1点を取られながらも奇跡とも思えるPK獲得で本田がシュートを決め同点に持ち込み引き分けとしW出場が決定しました。
日本W杯出場おめでとうございます!

URL:http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/sports/soccer_national_team/?1370339842本田が獲得したPKで土壇場でドローへ
引用:
サッカー・ブラジルW杯アジア最終予選B組(4日、日本1−1豪州、埼玉)FIFAランク30位の日本代表は豪州代表(同47位)と引き分けて同組2位以内が確定し、5大会連続5度目のW杯出場を決めた。1点を追う後半ロスタイムに本田圭佑(CSKAモスクワ)がPKを決めた。国内で出場権を獲得するのは初めてで、3大会連続で世界最速の突破を果たした。
日本は後半37分に先制を許した。右サイドからオアーにドリブル突破を許し、クロスが直接ゴール左隅に吸い込まれ0−1に。だがロスタイムにマケイがハンドを取られ、日本にPKのチャンス。キッカーの本田はゴールのど真ん中にシュートを豪快に蹴り込み、土壇場で同点に追いついた。試合はそのままタイムアップ。日本が5大会連続のW杯行きを決めた。

 日本は前半6分、左サイドの直接FKから遠藤がゴール左を狙うもわずかに外れた。19分には中央から香川、本田、岡崎とつないでエリア右に侵入、ゴール前に出たボールに香川が右足を合わせたが、相手GKのファインセーブに阻まれた。28分には左サイドで本田のパスを受けた長友が折り返したが、ボレーを試みた本田の左足にわずかに合わなかった。

 34分にはスルーパスから1対1のピンチを招くがGK川島がブロック。こぼれ球にケーヒルが詰めるが、右足シュートは大きく外れた。44分にはエリア外右で本田のパスを受けた岡崎が内に切り込んで左足シュートを放ったが、GKの正面。両チーム無得点で前半を終了した。

 後半開始時のメンバー交代はなし。日本は11分、本田からパスを受けた香川が正面からミドルを放つが、GKが難なくキャッチした。13分には本田とのワンタッチパスから香川がエリア左に侵入するが、シュートまで持ち込めず。14分にはエリア左の香川がゴール右に山なりのシュートを放ったが、惜しくもバーを直撃した。その4分後には本田が右FKからゴールを狙うも左上に外れた。22分の右FKは枠を捉えるもGKの正面だった。

 31分にはゴール前のケーヒルが右クロスに右足を振り抜いたが、吉田が体を張ってブロック。35分には左サイドを駆け上がった長友がエリア左から右足でファーを狙ったが、GKが必死のセーブをみせた。37分に痛恨の失点を喫したが、本田のPKで追いついた。日本は7試合を消化して4勝2分け1敗の勝ち点14とした。
:引用終了

後半の残り10分程度しかない状況でオーストラリアに先制点を取られる場面は正直、9割がたの人は試合は負けたと思ったはずでしょう。しかしその後すぐにゴール付近で本田の蹴ったボールが相手の手に当たりハンドでPK獲得。この瞬間は本田の一蹴りに全てが託されて全国民が息を飲んだ瞬間です。スポーツは最後までわからないものです。

引き分け以上が条件だった日本は世界最速でのW杯出場がホームで決定となりました。ほんとに選手の皆さんご苦労様でした。
posted by 夢追人 at 22:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月18日

WBC準決勝 日本敗退 内川「全部僕が壊してしまった。申し訳ない」

WBC三連覇がかかっていた侍ジャパンですが準決勝でプエルトリコに1-3で敗れ、三連覇の夢と共に敗退が決定しました。8回の走塁ミスが致命傷となってしまい打線も沈黙したようです。

参考写真3.jpg
内川選手はベンチで涙を流したり悔しい気持ちをあらわに…。

URL:http://baseball.yahoo.co.jp/wbc/news/detail/20130318-00000556-san/侍ジャパン!3連覇ならず!
引用:

WBC準決勝(17日=日本時間18日、日本1−3プエルトリコ、米サンフランシスコ)負ければ3連覇の夢がついえる一発勝負の準決勝。試合前の会見で山本監督は「日本は本塁打が出にくいから、つないでいく野球をしたい」と従来通りの“戦法”を強調した。だが、指揮官の青写真とは正反対の展開にベンチにも焦りの色がにじみ出た。

 「内川、阿部の前にどれだけランナーを出せるか。状態のいい選手を1番に持っていきたい」という立浪打撃コーチの構想の下で、この日は1番に鳥谷、2番に井端を起用。激闘となった2次ラウンドの台湾戦で活躍した2人を打線の起爆剤として託した。

 だが、プエルトリコ投手陣の鋭い変化球に、日本の打者が苦戦した。五回に1死一、二塁の好機をつかんだが、稲葉、松田が連続三振。六回の2死三塁の好機では、阿部のバットがスライダーに空を切った。八回に1点を返し、なおも1死一、二塁で迎えた阿部の打席で、一塁走者の内川が飛び出してタッチアウト。

 打者の焦りは投手にも伝染してしまう。先発の前田健が一回に先制点を許すと、七回には2番手の能見がリオスに2ランを浴び、試合の主導権をプエルトリコに奪われた。

 大リーガー不在の中、「日本野球の底力を示す」(阿部)気概を背負い、挑んだ3連覇への夢は、不完全燃焼のまま終焉を迎えた。
:引用終了

URL:http://baseball.yahoo.co.jp/wbc/news/detail/20130318-00000522-sanspo走塁ミスで内川が涙
引用:
WBC準決勝(17日=日本時間18日、日本1−3プエルトリコ、米サンフランシスコ)日本は八回、1点を返してなおも一死一、二塁の好機でまさかの走塁ミス。反撃ムードが高まった直後に、一つのミスをきっかけに一瞬にしてチャンスを失った。

 井端の右前適時打で1点を返した直後に痛恨のミスが出た。3点を追う日本は八回一死から鳥谷が三塁打を放ち、続く井端の右前打で1点を返した。さらに内川も右前打で続いて一、二塁のチャンス。反撃ムードは高まっていた。

 打席には4番の阿部。ここで一走・内川が二塁へスタートを切った。しかし、二走・井端は三塁をうかがうしぐさをみせるも走らず。内川はあわてて急ブレーキを掛けたが、時すでに遅し。一二塁間に挟まれ、ボールを持ったまま追ってきた捕手にタッチアウトにされた。

 内川はベンチに戻ると天を仰ぎ、目には涙。阿部も二ゴロに倒れて絶好のチャンスを逃し、日本は追加点を奪えないまま1−3で終戦を迎えた。
:引用終了

参考写真2.jpg
日本中が湧いた!この試合。

参考写真.jpg
ありがとう!侍ジャパン!

今回は三連覇のプレッシャーというのも大変なものであることでしょう。その最中で戦ってチームを指揮していた山本監督は「選手らは本当によくやってくれて私は幸せです」と。我々国民も終わったあとは「本当にお疲れ様でした、プエルトリコは強かった」などスポーツマンシップなメッセージも多いです。内川選手もとくに悔しい思いでしょうが国民はここまで盛り上げてくれて侍ジャパンに感謝していますよ。胸を張って帰ってきて欲しいと私は思います。
posted by 夢追人 at 16:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする