<スポンサードリンク>

2014年09月09日

【ミステリー】ニカラグアの首都でクレーターが突如出現!隕石落下か!?同日に小惑星が地球をかすめる!

.1参考画像.jpg
7日に中米のニカラグアで突如クレーターが出現したとのことで、謎を呼んでいるようです。同日に地球には小惑星が接近しており、かすめていたことから小惑星の破片である隕石が落下したとの見解に至っている模様です。これが日本だとするとゾッとする話ですが、決して対岸の火事とは言えません。続きを読む
タグ:宇宙 隕石
posted by 夢追人 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月22日

【ミステリー】地震の前兆なのか日本海で異変!?漁師ら止まぬ深海魚の大漁に「何かの前兆なのではないか?」

00840.JPG
日本海で深海魚の捕獲が相次いでいて止まらない事態になっている!

3.11以降になってから深海魚がやたらと聞こえてくるようになった気がしますが、それがどうも収まるというよりはエスカレートしていると思われます。とくに日本海ではサケガシラ、リュウグウノツカイ、カグラザメなど普段は見ることのない深海魚が続々と漁の網にかかり、捕獲されており、地元では「何かの前兆なのでは?」と不安の種になっている模様です。

山口県においてはたった4日間で9匹も捕獲されており、いささか穏やかではないように見受けられます。


URL:サケガシラ、山口・萩沖で捕獲 全て博物館に寄贈http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140221-00000069-mai-soci
引用:
山口県萩市沖の定置網で20日、深海魚のサケガシラ6匹が捕獲された。サケガシラが持ち込まれた県漁協萩地方卸売市場(同市椿東)は6匹全てを萩博物館に寄贈した。同市では17日に江崎で2匹、19日には須佐で1匹が海岸に漂着しており、今回分を含めると4日間で計9匹が姿を現したことになる。
サケガシラはフリソデウオ科の深海魚。日本近海や太平洋などの水深100〜500メートルに生息し、オキアミやエビを餌にしている。リュウグウノツカイの仲間といわれ、タチウオのように体を縦にして泳ぐ。

 今回の6匹を含む9匹はいずれも成魚で、体長1.2〜2メートル。ヒレを入れると、最大幅は30センチ。体は銀色でウロコと皮膚が一体化。目が大きく盛り上がっている。

 同館の堀成夫・海洋生物担当は短期間に9匹が見つかったことについて「全国的にも数少ない例では」と話している。
:引用終了

その他は富山、新潟、秋田など太平洋側でも多少あるが頻発しているように思えます。気になる地震との関連はもちろん断定的なことは言えないが関係ある可能性もあるという専門家もいます。深海魚があがると地震が起こるという言い伝えもあるようだが…。





専門家など絡めると根拠の有無になってしまうのでやはり気になるのが一番身近に接している漁師らの感覚であろうかと思います。異常な量だということにどうしても不気味さがぬぐえませんね。

参考写真3.jpg
よくよく調べてみると日本列島の全周囲で深海魚が発見されているようです。東日本大震災では日本列島が根こそぎ動いたということを考えればもはやポイントというよりも日本の地殻全体がおかしいのであるというこでもあるでしょうか。

参考写真.jpg
地震がどこで起きてもおかしくないということに…。

災害というものはそれぞれ何かのメッセージなのかとも思える最近です。と考えると先日の関東圏の稀に見る大雪災害は何かのメッセージなのかもしれません。
posted by 夢追人 at 07:53 | Comment(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月03日

【ミステリー】半漁人か人魚か!?海外で捉えられた不思議な生物の映像

.1参考画像.jpg
新種の海生物が潜伏か!?

すでに知っている方もいるかもしれませんが、海外で半漁人のような生物を捉えた映像が話題になっています。未知なる生物は世界各地で盛んに目撃されたりしていますが、賛否両論あり、その真意も不明だったりします。

↓問題の動画




動画を確認してみたところ…なんでしょうねこれは。
かなり丸みを帯びた尾ヒレで、こちらを振り向く動作、さらに前足で歩行してるような動きもあります。

参考画像.2.jpg
陸で呼吸できる生物なんてアシカとかオットセイなどの種類でしょうか。

個人的には特徴的な丸い尾びれに注目していろいろ調べてみましたがマナティーくらいしかたどり着けず…。一体この生物は何者なのが非常に気になるところです。
posted by 夢追人 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする