<スポンサードリンク>

2018年01月24日

草津白根山が噴火で厳重警戒!フォッサマグナが限界か?富士山や浅間山などの周辺火山にも注意

参考画像.2.jpg

23日に群馬県と長野県にまたがる草津白根山が噴火しました。

噴火口付近にある草津国際スキー場は当時も通常営業しており、衝撃で雪崩も発生した模様です。

.1参考画像.jpg

また、噴石により施設への被害や背中に直撃を受けてケガ人も出てしまいました。

中でも死亡した自衛隊員は背中に噴石が直撃した模様です。

犠牲者が出るという最悪の事態になったことは、御嶽山噴火の教訓を生かせずと思えばなんとも悔やまれるところだと思います。





なお、噴火の種類は水蒸気噴火で、火砕サージが発生したと見られています。

※火砕サージとは?
火砕サージ(かさいサージ、pyroclastic surge)とは、火山の噴火の際に発生する現象のひとつで、火砕流に似ているが火山ガスの比率が高いため密度が小さく、高速で薙ぎ払うように流動する現象。単にサージ (surge) ともいう。
ガス成分が多いため、火砕流とは異なり乱流であると考えられている。時には時速100キロメートルを超える高速で移動するが、固体粒子が少なく乱流であるため粒子が落ちやすく、サージとしての流動形態はあまり長続きしない。到達距離は最大で5キロメートル程度と考えられている。(ウィキペディアより)



草津白根山は、以前から定期的に火山性地震などが続いていました。

気象庁の見解としては、監視していた場所とは全く違う別の場所から噴火したようで、いわば想定外だったとのことです。

今後、監視を強化するとともに入山規制レベルを3に引き上げて対応しています。

しかしながら今回、肝心の火山噴火警報が役に立たたなかったことは反省し、改善が必要だと言えます。

なにより、専門家らも言っているように、火山噴火予知というのは改めて”限界”であり、同時に人間は無力だと痛感するところです。

参考画像.2.jpg

今季の草津国際スキー場の安全祈願。
儀式としては済ませたようですが、きちんとお祈りしたのかな?と感じます。

あと、スキー客のマナーなどもどうだったのかと個人的には気になるところです。

また、ツイッターにてちょっと意味深なことを発信している方がいました。




その通りでもあるとも思います。

山の今後の動向については、現時点で火山性地震も600回と多く、しばらくの間は厳重な警戒が必要だと言えそうです。

.1参考画像.jpg

また、不安をあおるつもりはありませんが、場所が場所だけに周辺の火山にも注意が必要だと考えられます。

参考画像2.jpg

草津白根山はフォッサマグナ上に位置し、火山噴火に至ったことで、地殻が不安定であり、決して穏やかではないことは明白です。

周辺の火山は、たびたび活発化しているのは周知のことと思いますし、より噴火しやすい状態と見ることもできます。

何度も申し上げているように、火山噴火と地震は地下で深い関連があるということで、セットで見ておくことも重要なのではないかと私は思います。


<スポンサードリンク>

posted by 夢追人 at 00:00 | Comment(0) | 自然災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: