<スポンサードリンク>

2017年11月29日

【注意】白山で火山性地震361回!観測開始以来の異常回数!三大霊山の異変で富士山も危ない?

参考画像2.jpg

数日前から石川県と岐阜県にまたがる白山で、火山性地震が急増し、気象庁が注意を呼びかけているようです。

参考画像.2.jpg

URL:未明から山頂付近で地震360回超も徐々に減少中https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171129-00000003-rescuenow-soci
引用:
気象庁地震火山部は29日16:00、石川・岐阜県境の白山について「火山の状況に関する解説情報(臨時)第2号」をを発表しました。
白山では、29日03:00頃から山頂(御前峰)付近直下を震源とする火山性地震が増加していて、15:00までに361回を数えています。白山で1日あたりの地震回数が200回を超えたのは、2005年12月の観測開始以来初めてです。なお、09:00までの6時間に342回発生したものの、15:00までの6時間には19回と減少しています。また、低周波地震や火山性微動は発生していません。監視カメラによる観測では、山頂付近の状況は視界不良のため不明です。
:引用終了



火山性の微弱な地震は山頂付近において、わずか一日で361回を観測しており、現在は減少傾向にあるとのことです。

しかしながら、一日200回程度なら定期的に発生はしていたようですが、今回それらをはるかに超えており、観測開始以来の異常事態とも言えます。

■白山とは?
日本の北陸地方、白山国立公園内[3]の石川県白山市と岐阜県大野郡白川村にまたがる、標高2,702mの山である。日本百名山、新日本百名山、花の百名山及び新・花の百名山に選定されている。最高点の御前峰(ごぜんがみね)には、一等三角点と白山比盗_社奥宮がある。 富士山、立山と共に日本三名山(日本三霊山)のひとつであり、石川県のシンボルの一つとされている。(ウィキペディアより)

参考画像2.jpg

白山から南東方向への直線状には御嶽山や富士山も位置しており、一連としての関連もあると見られます。

また、火山帯は地下でつながっていますので、御嶽山や富士山および周辺の突発的な火山活動にも注意しておく必要があるでしょう。

さらに、富士山や立山(御嶽山)とならぶ三大霊山のひとつであることも、とても意味深ではないかと感じます。

というのも、御嶽山は近々噴火したのは周知のことです。



「山の噴火は神々の怒り」とも言われる中で、今回、白山で異変が発生しているところを見ると、神様が怒っておられるのかもしれません。

ですから、このような視点からも富士山の動向も一層気になるところでもあるでしょう。

参考画像.2.jpg

現在、時期的にもウィンタースポーツのシーズンでスキーやスノーボードなどで冬山を利用される方も多いかと思います。

冬の山は莫大な雪が積もっており、”春や夏の山とはワケが違う”のは言うまでもありません。

なにより御嶽山のように予測不可能な噴火もあり得る中で、万が一の噴火など有事の際、自治体は役に立たないと考えられます。

よって、事前にその山の情報はもちろん周辺の山々の状況も確認しておくべきでしょう。

自然災害と片付けられつつ、山の事故に巻き込まれる原因は、ある意味では”人間のおごり”もひとつあるのです。

わたしたちはできる限りのことをし、感謝の気持ちを持って山々を利用することが大切だと私は思います。


<スポンサードリンク>

タグ:火山 噴火 地震
posted by 夢追人 at 20:04 | Comment(0) | 自然災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: