<スポンサードリンク>

2016年12月06日

【注意】茨城、千葉県沖で数か月以内に大地震の可能性!立命館大学教授「3.11はまだ終わっていない」

参考画像2.jpg

「数か月以内に茨城県、千葉県の沖合で大きな地震が発生する可能性が高い」
(立命館大学の高橋教授)

M7.4の大きな地震、そして、3.11以来の津波が発生した福島沖地震から日も間もなくして、次の地震予測場所として候補にあがっている地域があるようです。

URL:茨城、千葉両県の沖合 数カ月以内に大地震発生の可能性もhttp://news.livedoor.com/article/detail/12358664/
引用:
茨城、千葉県沖が危ない理由
「東日本で次に地震活動が活発化しそうなのは福島県沖の南です。茨城、千葉両県の沖合でマグニチュード(M)6〜7クラスの大地震が数か月以内に発生する確率が高いとみています。本当はもう少し発生時期を絞り込めればよかったんですが……」

「前回の取材で話した“3・11の動き残り”が起こりました。北米プレートが割れたんです。過去100年のデータをみると、M7クラスの地震は5年に約3回発生しています」

 下の地図を見てほしい。東日本で次にM6〜7クラスの大地震が起きそうなエリアを高橋教授がマークした。危険度の高い順にA(茨城、千葉県沖)、B(首都圏)、(c)(北海道・襟裳岬から青森、岩手県北部にかけての沖合)の3エリアだ。

「地殻変動は骨折とよく似ています。骨が折れると、次は1度折れた箇所よりも、その近くが折れやすくなりますよね。福島県沖は大地震が起きました。余震を軽視してはいけませんが、大地震に限っていえば、次はその南か北のほうが危ないんです」(高橋教授)
:引用終了

toripurujanku.jpg

茨城県は東日本大震災の余震域となっていますが、それにしても内陸部、沿岸部、沖合とすべての場所で地震が急増していました。

また、千葉県沖と言えば、以前から海底断層が滑るスロースリップ現象が発生していることが指摘されています。

USGS zisin.jpeg

しかも、プレートが複数重なり合うトリプルジャンクション付近でもあり、もともと巨大な地震が発生する可能性が高く、危険な場所であると言えます。

高橋教授はとくに今回の福島沖の南側か北側が影響を受けていると見ているようで、近辺にはひずみがかなり蓄積していると思われます。




さらに不安なことに高橋教授は、「M6〜7クラスの地震がいくつ起こっても3.11は終わらない」と、明言しています。

では、”終わる”とされるきっかけはな何かというと、「火山大噴火とアウターライズ地震の発生」が終息へのひとつのきっかけとなると考えているようです。

touhokuzisin.jpg

引用:
高橋教授が“3・11はまだ終わっていない”とする根拠は、太平洋プレートの動きからも裏づけることができる。3・11以前は北米プレートにもぐり込む速度が年約10センチだったのが、震災後は年約30〜40センチと加速している。

「太平洋プレートは南米チリの沖合まで続く超巨大プレートです。そのうち加速についていけなくなった箇所でプレートがちぎれ、アウターライズ地震が発生します。東日本大震災を引き起こしたのはM9の巨大地震ですから、火山の巨大爆発もセットで発生します。もぐり込んだプレートが溶けてマグマを量産しています。

 M6〜7クラスの大地震がいくつ発生しても、巨大爆発とアウターライズ地震がこない限り、3・11は終わりません」(高橋教授)
:引用終了


.1参考画像.jpg

ちなみにアウターライズ地震とは、日本海溝の外側で発生する地震です。

震源は陸地からは遠いため、揺れ自体は小さくなる傾向ですが、津波が押し寄せます。

地震の被害よりも津波被害が甚大になることは皆さんも3.11にて経験済で重々承知しているはずですので、今更呼びかける必要もないとは思いますが、決して楽観視することのないようにしなければなりません。

そして、巨大噴火というくらいですのでカルデラ噴火が起こるのだろうと私は思っています。

onikaikarudera.jpg

最近では、火砕流で日本が滅亡するといわれている鬼界カルデラでマグマの活発化が確認されています。



さて、「昨今の日本はなにかおかしくなっている」ということは大勢の人々が目に見えて感じていることでしょう。

それは、高橋教授がおっしゃっているように、「3.11は終わっていない」という結果でもあると感じます。

いっぽうで、見方を変えれば、火山や地震というのは歴史上当たり前に起きてきた出来事であり、地球規模や現代の日本を見ていれば、これらは”当たり前に起こる”という認識も必要なのかもしれません。

私はこのようなブログを書いているわけですが、年末にかけては首都東京が位置する関東近辺での地震への警鐘が目立っているように感じています。

周辺にはそれだけ不穏な空気が流れているといえそうですので、警戒度を上げておいたほうが良いと私は思います。


<スポンサードリンク>

posted by 夢追人 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 地震関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444566298

この記事へのトラックバック