<スポンサードリンク>

2016年05月07日

【予知・予言】松原照子「熊本の次は北海道が揺れやすい」「次の地震はダムが危ない!?」名の付く大地震と火山大噴火

.1参考画像.jpg

「熊本の次は北海道が危ない?」

去年の9月に「名の付く地震が起こる!」と言っていたあとの今回の熊本地震、最近になって松原照子さんがふたたびいくつか地震について感じたことを書いていましたのでご紹介したいと思います。

引用:
「北海道が揺れるかもしれない」(世見2016.4.29)

もはや異常とは言えなくなった気象。

日本の今年の台風の発生数は少ないかも知れません。

日照不足がいつの時期に来るのかはわかりませんが、作物が上手く育たないようにも感じています。

雲仙岳が大噴火をして真っ赤な火の川が脅威を見せ付けたのは1991年。今から23年前です。

なぜ急に日照不足からこのようなことを書くのかはわかりません。

理由なく書きたくなっただけです。

もしかすると、私達は九州と北海道はかなり離れていると思っていますが、地球からすると近いと思っている気がしているのです。

この度の熊本県大地震の後、北海道が揺れるかもしれないと思ってしまいました。

「すぐ」とはどのくらいを指すのかがわかりませんが、これからの2〜3年、北海道は揺れやすく、どこかの火山が活発になるかもしれません。

名前が付く規模の大地震はご免蒙りたいのですが、どうもそうはいかない気がしています。

東日本大地震での教訓。

阪神淡路大地震での教訓。

これらの教訓をどう活かすかしか、私達は大自然の脅威には立ち向かえません。

松代群って、何故書いたのかなぁ〜。

今日も繋がりのない文章になってしまいました。

「えびの」「日向灘」

ウ〜ン、この度の熊本の地震に影響されないのを願ってしまいました。

地図を見ていると、日本ってやっぱり揺れやすいです。

今日はいつもより自然界に感謝の気持ちを時間をかけて話しかけます。
:引用終了

引用:
次の大地震はダムが危ない!?

<世見>2016.5.2

連休を如何お過ごしですか?

私達は、素晴らしいと申し上げたくなる“勘”を日本列島の地下のエネルギーから与えられています。

私は勘のことを、感じる意味で“感”と言っています。

阪神淡路大地震で私の生まれ育った街は火の海になりました。

新潟を強風が襲いました。

東日本大地震では大津波が人々を飲み込みました。

日本列島は1995年の阪神淡路大震災から地下が活発になった思いがします。

1995年から21年。

けっして短い年月ではありません。

今度再びどこかで大地震が発生すると、私がとても気になるのが「ダム」です。

ダムに土砂が勢いよく流れ込む映像を今見ていますと、次には津波にしか見えない水がダムを乗り越えて轟音を響かせながら集落を襲います。

今の映像が日本かどうかはわかりませんが、ダムの大津波の高さは数百メートルもあるかのように見えました。

スマトラ沖地震の時、16万人以上の犠牲者が出たといいます。

瀬戸内海もいつ津波の被害を受けるかわかりません。

原子力発電所の今後の存在意義はどこにあるのでしょう。

活発になっている日本の地下。

「想定外」だったとは言って欲しくありません。

北丹 鳥取 福井 新潟

日本海も油断は出来ません。

過去に大きく揺れた地で、75年から90年近く経った地域で日本海側の場所も油断大敵に思います。

5月の初めに私の気になる自然災害を毎日書き続けて、書けるだけ書いておきます。
:引用終了

.1参考画像.jpg

松原さんが気になっている場所のひとつである「日向灘」は九州の右側の海域になりますが、地震の影響を広く見た場合は熊本地震で少なからず何かしらの影響はあったと考えられます。

さらに、この海域は南海トラフ地震との関連も深くありそうです。

hunka.jpg

そして、もうひとつの「えびの」は、鹿児島県と宮崎県の境界にある火山帯です。ここは地震というより火山大噴火の懸念が高いかと考えられます。

現代では火山地下のマグマがどのような状態になっているのかが未確認のままだそうです。そんな中で、近隣であれだけ大きな地震が起こってしまっているので、ひそかにマグマの活動が活発化している可能性も十分にあるでしょう。

3つ目のキーワードは「松代群」で、これは松代群発地震を指しているのだと思われます。この地震について調べてみると、長野県で発生した地震が5年間も続き、世界的にもきわめて珍しい群発地震とのことです。

dannsou.jpg

震源地は皆神山付近。総地震数は71万1341回。このうち、有感地震は6万2826回(震度5: 9回、震度4: 48回、震度3: 413回、震度2: 4596回、震度1: 5万6253回)を数えた。深さ7kmより浅い(地震情報では「震源の深さはごく浅く」と表現される)地震が殆どで群発地震全てのエネルギーは、M6.4に相当する。地殻変動が最大であった場所では、この地震活動の前後で約1m隆起し隆起域の直径は約10kmに及んだ。(ウィキペディアより)


そのうえで、次の地震については”北海道がとても気になっている”ようで、しかも”名の付くほど”としていますので、最近発生した熊本地震のような震度7クラスの大地震になる可能性が高いと思われます。

もともと北海道は面積も大きいのもありますが、”日本で一番地震が多い都道府県”となっていますし、過去の地震で有名なのは十勝沖地震や北海道南西沖地震などです。





東日本大震災以降であれば、震度5クラスは発生していますが、そこまで目立った地震は発生していません。



昨今の日本を見ていると、稼働させようとする原発の近くで大きな地震が発生するという謎のフラグもあり、それを考えると北海道の日本海側方面なのかもしれません。

.1参考画像.jpg

もちろん断層自体も多いので、内陸部での直下型地震にも注意が必要でしょう。


.1参考画像.jpg

また、地震の影響でダムが決壊するといった内容のことも書いています。この最悪な事態は東日本大震災で、すでに起こっていました。



ダムは日本中に多数存在しており、山のふもとの住民をはじめ、あらかじめダムの存在や地形などを確認しておく必要があります。

津波が襲来するのは、”沿岸部だけではない”ということを教訓として認識しておくべきです。


さて、これらの類の予言に関しては、最強の予言者とされるゲリーボーネル氏は「2016年に北海道で大地震」と言っているようなのです。



また、米国の超能力者ジョセフティテルは2016年の予言として「日本ではこれから15か月程度の間に大地震が2回発生する」としており、この通りだとあと一回は大地震が発生することになります。

hokaido.jpg

日本の地震学者もかなりひずみが溜まっている十勝沖、釧路、根室沖方面には警戒を高めているの現状があるのです。

昨今の日本を見れば、地震も場所を選ばず、ペースが年一回やそれ以上になってきているとも感じられます。しかも発生すれば”過去に経験のないもの”ということをよく耳にするようになりました。

地震を含む災害全般において、今後もわたしたちが経験したことのない、言い換えれば予想以上の規模で襲来してくると考えておくべきだと私は思います。


<スポンサードリンク>

タグ:予知 予言 地震
posted by 夢追人 at 21:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 予言予知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そういえば、現在も続いている熊本地震では、そのものずばりで、ダム湖が決壊して集落が一つ押し流されたそうですね。

今回のお話の、「ダム決壊」はこのことを指しているのかもしれません。

Posted by gumder at 2016年05月10日 11:07
コメントありがとうございます。


今回の地震でもダム湖が決壊し、集落が流されていたとは知りませんでした。


ダム崩壊の津波は地震が起これば、そうとうなスピードで襲来するかと思いますし、恐ろしいものです。


土砂崩れで自然にダム湖が作られたりなどもあり得ますし、やはり自分が住んでいる場所の”地形”というのも防災として重要になりそうですね。
Posted by 夢追人 at 2016年05月11日 08:02
夢追人様
いろいろと情報が錯綜しているようでありますが、熊本地震では西原村の大切畑ダムに「決壊の恐れがある」という情報が、4月16日の段階で出されています。

その後、自分は「ダムが決壊した」という趣旨のニュースをどこかで見たのですが、多分そのダムだと思います。

実際のところは不明ですが、ダムの決壊は海における津波と違って、下から来るのではなく「上から襲ってくる(降ってくる)」感覚になるので、体感的には100Mの津波くらいの圧迫感があると思います。

今回の熊本地震はもうすぐ丸ひと月が経過しますが、今も活発な地震活動が続いて避難所暮らしの方たちの、心労もピークに達していると思うので、一日も早く安定してほしいと思います。

その一方で、中央構造線沿いに地震のエリアが拡大する恐れも十分にあるので、四国や近畿、東海エリアの人たちも十分に警戒をしてほしいとも思いますし。

また、鹿児島西方沖の海域では、熊本地震と連動する形の群発地震が続いているので、それでもし、M8クラスの地震が起こればどうなるかを考えるとゾッとしますね。
いろんな意味で。
Posted by gumder at 2016年05月11日 11:26
なるほど了解いたしました。


情報提供をありがとうございます。


そういえば、地震当時に熊本地方で「ダム決壊の恐れ」というのはどこかの記事で見たような気がしました。


リサーチ不足で、ご不憫をおかけしております。


地元では地震も終息傾向とようではありますが、依然として注意レベルですよね。


今の日本は本当に地震活動期なんだと痛感するところです。
Posted by 夢追人 at 2016年05月12日 08:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/437436733

この記事へのトラックバック