<スポンサードリンク>

2016年04月16日

【中央構造線地震】再び熊本でM7.3の地震発生!大分県でも地震多発!阿蘇山も噴火!専門家「地震が飛び火していく事態は経験がない」

.1参考画像.jpg

4月16日に熊本地方で再び、マグニチュード7.3の大きな地震が発生し、被害が拡大しています。

参考画像2.jpg

今回の地震は揺れが尋常ではないことはさることながら、余震の数や規模、そして東方向に拡大しているということで、私はただの地震ではないような気がしています。


参考画像2.jpg

また、一方で見方を変えると”阿蘇山を中心とした火山に関連した地震”とも考えることもでき、そうなると今後、阿蘇山の活動も一層、激しくなるのかもしれません。

.1参考画像.jpg

現状で地震が東方向に拡大しながら、阿蘇山方向に進み、阿蘇山が小規模噴火し、さらに大分県でも地震が多発しており、そして中央構造線上を辿っていると見られます。

この事態については地殻変動の専門家も「地震が拡大していく事態は、経験がない。通常の概念を超えている」と言っています。

加えて、このような地震が拡大していくケースは過去にあったらしいのですが、その時は数日のうちに大分→愛媛→京都で大きな地震が連鎖したとのことです。

URL:不意打ちの「本震」 別断層を刺激 玉突き地震http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201604/CK2016041602000248.html
引用:
名古屋大の鷺谷威(さぎやたけし)教授(地殻変動学)は「今回のように、地震活動が飛び火して急激に拡大していく事態は、日本中の専門家にとっても未経験だ。本震、前震という通常の概念を定義として超えている」と話す。
 震度6台の地震が相次いでいるのは主に布田川(ふたがわ)・日奈久(ひなぐ)断層帯。その東の大分県側に弱い断層が集中する別府−万年山断層帯が広がる。京都大の入倉孝次郎名誉教授(強震動地震学)は「余震が多いのは、活断層が集中している地域で発生したからだ。エネルギーがたまっていた断層で発生した地震が引き金となって、隣接する断層を刺激し、玉突きのように地震を誘発していったと考えられる」と説明する。
:引用終了

URL:震度7級「大分でも」 断層、中央構造線の延長http://www.oita-press.co.jp/1010000000/2016/04/16/002835116
引用:
熊本県で最大震度7、大分県でも同4を観測した14日夜の熊本地震。阪神大震災後に熊本県の活断層調査委員会の委員を務めた経験がある岡村真(まこと)高知大学防災推進センター特任教授(地震地質学)は、紀伊半島中部から四国、豊予海峡、大分、熊本へと続く国内最大級の活断層「中央構造線断層帯」の延長で起きたと指摘。「同じような地震は大分、愛媛などでも起きる可能性がある」として、日頃からの備えが大事と呼び掛ける。

〜中略〜

中央構造線では、過去約7300年の間に少なくとも5回、大地震が起きているという。最も新しいのが、別府湾の海底を震源とした1596年の「慶長豊後地震」。大分では、島が沈んだ瓜生島伝説もある。また、中央構造線近くの伊予(現在の愛媛県)、伏見(同京都府)でも数日間のうちに地震が発生したという記録が残っている。

 今後、中央構造線が広範囲に連動し、大地震を起こす可能性はあるのか。岡村特任教授は「どこにどのくらいの力がたまっているか、今の科学では分からない。影響する、しないは言えない」と話した。
:引用終了

いずれにせよ、現在においては「専門家ですら分からない事態が九州地方で起こっている」と言えそうです。




「現代は過去の地震活動期の時代とよく似ている」と言われている中、歴史を調べてみると熊本地震は過去にも発生していますし、この1890年代から学ぶべきこともあるのかもしれません。

.1参考画像.jpg

<今回の地震>
発生時刻 2016年4月14日 21時26分頃
震源地 熊本県熊本地方
最大震度 震度7
位置 緯度 北緯 32.7度
経度 東経 130.8度
震源 マグニチュード M6.5
深さ 約10km

<過去の地震>
発生日 1889年(明治22年)7月28日
発生時刻 23時45分(JST)
震央 日本の旗 日本 熊本県熊本市付近
北緯 32.8度
東経 130.7度
震源の深さ ごく浅い
規模 マグニチュード(M)6.3
最大震度 震度不明
津波 なし
地震の種類 直下型地震

■熊本地震
熊本地震(くまもとじしん)は、1889年(明治22年)7月28日23時45分に発生した、熊本県熊本地方を震源とするM6.3の直下型地震。
この地震では、熊本市周辺で被害が発生し、20人が死亡、数百棟が全半壊し、熊本城も大きな被害を受けた[1]。金峰山南東麓附近を震源としたことから、金峰山地震(きんぼうざんじしん)とも称される。(ウィキペディア)

<熊本地震(1889年、熊本県)>

<濃尾地震(1891年、岐阜県)>

<庄内地震(1894年、山形県)>

<明治東京地震(1894年、東京湾)>

<明治三陸地震(1896年、宮城県沖)>

<陸羽地震(1896年、秋田県)>

明治三陸地震はすでに発生した東日本大震災であり、今回の熊本地震、そして首都が崩壊する恐れすらある東京湾地震や内陸型地震としては国内最大だった濃尾地震の名もあります。

年代に重ねると、これらの地震も近々で身を潜めている可能性もゼロではないでしょう。





これらが現実にならないことを切に願いたいところですが、ただ、現状の日本においては、このような地震は場所に関わらず「いつ起きてもおかしくない状況」ということだけは明白でしょう。

また、今後においては、もし、中央構造線を辿るように動きがさらに東へと拡大していくようであれば、そうとうマズイ状況だと想像でき、これ自体は熊本地震ではなく、中央構造線地震なのかもしれません。

九州地方では、阿蘇山の動向もとても気がかりであり、少なくとも数か月程度は警戒レベルを上げておくべきですし、東京含む、東日本からも決して対岸の火事ではないのだと私は思います。


<スポンサードリンク>

posted by 夢追人 at 21:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 地震関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今回のお話のテーマは、「中央構造線」ですが、この地震のからみでいうと、昨年あたりから起きている鹿児島は「薩摩半島西方沖の群発地震」もこの「中央構造線地震」の範疇に入ると思います。

事実、数日前からこのエリアでの群発地震が起こっているので。

そして、中央構造線を東にたどると、長野の諏訪湖の辺りで、糸静線(糸魚川静岡構造線)に合流するわけですね。

しかも、今回の熊本地震(中央構造線地震)の「最初の一撃」の時に紀伊半島から、東海地方を経て諏訪湖の近くまで、一直線状に震度1の地震が起きています。

これは、中央構造線と糸静線の連動地震の「前兆」ではないでしょうか?

だとすると、冗談抜きで、「列島断裂」が間近に迫ってるかもしれませんね。

あと、気になるのが、昨年5月30日の地震ですが。

この地震は震源地が小笠原でその深度が640km
というとてつもない深さでの地震でしたが、この時の地震で揺れたのが、日本列島全体でした。

しかも、朝鮮半島や台湾すらもわずかながら揺れたようですし。

ひょっとすると、日本列島そのものを載せている地殻が、その時に数メートル沈下していて、その影響が1年かけてじわじわと出始めている。
これが、今回の「中央構造線地震」の本質かもしれません。
Posted by gumder at 2016年05月10日 10:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック