<スポンサードリンク>

2015年10月03日

【衝撃映像】ポーランドの湖で人魚のような生物が捕獲される!『今、人魚たちは怒っている!?』

ninngyo.jpg

『たしかに男性型の人魚のように見えるが…』


先日、ポーランドの湖で人魚のような生物が捕獲され、現地の救急隊や消防、そして防護服を着た人らにより運ばれている映像がネット上にアップロードされ、物議をかもしだしているようです。

URL:ポーランドの湖からマーマン(半魚人)が引き揚げられただと?http://karapaia.livedoor.biz/archives/52201717.html
引用:
ポーランドで撮影されたという奇妙な映像が話題となっている。救急隊員らが湖から引き揚げ、ストレッチャーに乗せられていたのは、下半身は魚、上半身は人間という伝説の半魚人、マーマンそっくりなのだ。

 しかもマーマンを運び出した作業員5人はいずれも化学防護服を身に着けていることから謎が謎を呼んでいる。
引用終了

↓問題の映像


上半身が下半身が魚類、上半身はひと肌の色、そして人間の頭部のようなものが確認でき、きわめて謎を呼ぶ生物だと言えます。

さらに、一方でこの隊員の中では白い防護服らしきものを着ていることも一層の謎を深めているということです。


この写真や動画を見たネット民の反応としては、以下の通りです。


「人魚ごっこでもしていて溺れたんだろ」
「間違いなく人魚じゃね?」
「動画自体がネタでしょ」
「なんだよ、あの防護服…こえぇ」
「なんだかんだで、いてもおかしくないよな」
「こういうの、わくわくするな」


毎度賛否またはいろんな意見はありますが、さて、皆さんは、どう思いますでしょうか?

わたしとしては、このような未確認生物というのは存在すると思っています。


ちなみに、真相はさておき、世界中でこのような人魚の映像が撮られています。


↓グリーンランド近海の深海600メートルでの映像


明らかに手に水かきがついており、人魚のようなヒレはなく、頭部や目が大きく、人魚と言うか一般的に半漁人ではないかというところです。

それにしても深海600mとなれば、人間が行けるような場所ではないことだけは確かです…。


↓中東イスラエル地方の岩場から捉えられた人魚と思われる映像


人魚が後ろを振り向く様子が、非常に印象的であり、女性の髪の長いようなふうにも見える気がします。

尾びれがまるいのが特徴的だと私は思いますし、もし上半身が人間と同じであればある程度の知能を持っていることも十分に考えられます。


↓クロアチアのアドリア海で捉えられた人魚の映像


湖面を人魚がジャンプする映像ですが、こちらもヒレが丸いカタチのように見え、手は進化したのか水かきも大きく見受けられます。


↓オーストラリアの海で撮影された人魚の映像


この映像に関しては、個人的にはなんだか泳ぎにくそうであり、この尾びれの具合では泳ぐスピードが出ないのではと思います。

また、ぎこちなさも感じ、かなり人間に近いとも思います。


今回のポーランドの映像はどちらかというと、この型に似ていると言え、真相が疑わしくなってはきますが、もし本物であるならば、公に公開してほしいものです。


最後に、わたしたちは、このような生物と共存している中で、今、人魚たちは非常に怒っているとのことです。


iruka.jpg

その原因としては世界的な海洋汚染ですが、その中でも、とくに日本は今、放射能を海にまきちらし、海洋を猛烈に汚染しています。

その怒りが、時に脅威となってじかにわれわれに降りかかったり、広い視点でとらえれば、海溝地震や津波となっていることも一理あるのではないかと私は思います。


<スポンサードリンク>

タグ:人魚 UMA 生物
posted by 夢追人 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/427049100

この記事へのトラックバック