<スポンサードリンク>

2015年05月19日

【警戒箱根山】地面が12cm隆起!時間経過と共に山体膨張が拡大!もうひとつの最悪のシナリオ

hakone kazann.jpg

「この湖含み一帯はもともと噴火口であったようだ」

火山の噴火が活発になり、警戒が続いている箱根山の大涌谷では先日において地面が隆起していることが判明しています。

この隆起は当初の5月7日には6cmだったものが、10日には10cmと大きくなっていて、最大では12cmも上に押し上げられていることが分かっています。

いまだに収束どころか、山の膨張が拡大していることで、依然として気が抜けない状況が続き、さらに長引きそうです。

URL:箱根山 大涌谷の狭い範囲の地面が最大で12cm程度隆起http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20150517-00000603-fnn-soci
引用:
噴火警報が発表されている神奈川県の箱根山で、5月15日までに、大涌谷の狭い範囲の地面が、最大で12cm程度隆起していることがわかった。
国土地理院によると、15日、観測衛星「だいち2号」を使って、大涌谷付近を調査したところ、規制区域内の直径200メートルの非常に狭い範囲で、以前より最大12cm程度地面が隆起していたことがわかった。
5月7日の観測の際は最大6cm、10日には8cmと、隆起は徐々に大きくなっていて、山の膨張がさらに続いている可能性がある。
気象庁では、箱根山の地殻変動は続いているとして、引き続き、小規模な噴火に警戒を呼びかけている。
:引用終了

.1参考画像.jpg

地震はこれまでで1600回を超えているとのことで、ここ最近は有感地震も増加傾向のようですし、地震の規模としても大きくなっていると伺えます。



なお、歴史的にも箱根山は水蒸気噴火を繰り返してきていることからも、噴火といってもとりあえずは水蒸気噴火の可能性が高いようです。



しかし、御嶽山では火砕流や噴石などであれだけの被害も出ています。



今後においては山の膨張もさらに大きくなるようであれば、警戒レベルを3に引き上げ、周辺住民への避難指示ということになります。

参考写真.jpg
(画像は富士山)

さらに箱根山の歴史を調べてみると、もともと富士山と同じ形状をしていたようです。


↑参考動画(アメリカのセントへレンズ山崩壊)

しかし火山性地震と大爆発から上部が吹き飛んでしまったらしいのです。

実際に日本の山々もこのようになってしまう可能性もゼロではないとのことなので、山の下で地震が起こるということは非常に怖いところでもあるのです。

現在、箱根山は富士山との連動噴火も騒がれていて、最悪のシナリオとされているわけですが、実は、この山体崩壊も最悪のシナリオのひとつでもあると思われます。

いわゆる山津波というもので、高速で押し寄せてくるため逃げる間もありません。



これはよく見かける土砂崩れの超大型版のイメージでも良いかと思います。

ただでさえ、不安定と言われている日本の地下や地盤、その上にそびえる山々は今までの数々の小さな地震でも相当な影響を受けていることは容易に想像できます。

とくに内陸部に住んでいる者は一見すると、津波は関係ないと思いがちですが、地震で山が崩れることはたびたびあり得ることですし、山からの津波の危険性は大いにあることも覚えておかなくてはなりません。

地震と火山の関連性は以前から言われていることですが、改めて、火山と地震はつながっていると言えます。



「山々を甘くてみてはいけない」

「山々を舐めてはいけない」


そして、これらが御嶽山噴火から私たちが学んだ教訓でもあると感じるところでありますし、正直何が起こるか分からないのが昨今の現状です。



箱根山の警戒レベルに関して、関係機関は風評被害云々から政府などは過小評価しているような気がします。

また、その他の関係機関も悩ましい判断を強いられているかもしれませんが、躊躇するくらいなら早めに先手先手で備えていくことが大事ではないかと私は思います。


<スポンサードリンク>

タグ:箱根 地震 火山
posted by 夢追人 at 21:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 自然災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
famryです。
最近、テレビで箱根山の特集をやらなくなって来ているような気がします。
やっても、ほんの5分ぐらいです。

本当に危険だから、報道しないのでしょうか?
だとしたら、困ります。
こういう事こそ、真面目に報道して欲しいですね。

妹が、「前に箱根山が噴火した時、横浜あたりまで火砕流が到達した」と言っていました。
何時の噴火かは忘れましたが、過去にこういう事があったらしいです。

情報収集を欠かさないようにしたいですね。
何か良い情報や、情報原を知っていたら教えて頂きたく思います。

それと、私のブログを見て頂けるそうで。
どうも、ありがとうございます。
アクセスが少なくて、困っていました。
Posted by famry at 2015年05月19日 22:35
famryさん


地元ではこれが風評被害などと言われてますよね。


そこまでこの火山のことがわかっていたら御嶽山のようなことにはならなかったと思います。


命よりもなにかこの経済面を優先するということが、この政府の悪い癖でもあると感じます。


箱根山の過去の噴火では、カルデラ火山ですし、破壊的な大規模な噴火があれば火砕流が横浜まで到達というのもあり得ます。

Posted by 夢追人 at 2015年05月22日 19:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/419168444

この記事へのトラックバック