<スポンサードリンク>

2015年02月02日

【イスラム邦人拘束】後藤健二さんも殺害!日本国は怒り心頭!今後、邦人救出で海外に自衛隊派遣?

is goto.jpg
イスラム過激派組織に拘束されていた日本人の後藤健二さんが殺害された模様です。

これで拘束された日本人2名が殺害されたことになり、いわゆる最悪の結末になったと言えます。

殺害の真偽については湯川はるなさん殺害時同様にその動画がネット上にアップロードされ、ほどなくして削除されています。

ただ、画像は出回っており、若干の疑惑はあるもののその画像を確認してみるに殺害されたのは間違いないようです。

is goto.jpg

前回と同じですが上記、画像の場面の数分後に首にナイフをあて、切断まで至ったということです。

そして画像についてもリンクを貼りますが、湯川さんの殺害画像よりもショッキングであると思いますので、閲覧に注意が必要です。

画像URL:http://4vyhcskefxoj76baing5-gcdn.sova.bz/wp-content/themes/bnj/images/content/150201_isis2.png

後藤さんは出発前の動画で「必ず生きて帰ってきますけどね、ははは・・・」なんてことを言っていました。



その結末がこんな形になってしまい、無念でならないことは言うまでもありません。



さらにこの過激派組織は日本に対して今後は日本人を標的にするというような内容のメッセージも発表しています。



この声明からはどちらにしても今後、日本人がテロに遭遇する確率が上がったと伺うことができます。

今後においてはとくに海外在住の日本人は日々の生活などにも一層の注意が必要になってくるかと推測され、そして、海外に出向く旅行者や観光者にも同様のことが言えるかと思います。

それにしても画像見ると感じることですが、悔しさ、そして何よりこの組織に対して怒りや憤り、許せないという感情が沸いてきます。

実際、当然ながらネットではその感情も大きいようで、これは日本国民の多くが抱いたに違いありません。

「日本人がほんとにキレたらどうなるか見せてやりたい!」

「イスラム国、絶対に許さん!」

「こんな組織、早く崩壊せよ!」

「国際社会が一丸となって壊滅させよ!」



全体的には「絶対に許せない!」というのが第一声としてもっとも多かったです。

ただ、我々としては単に感情的になってしまっては相手と同レベルですので、理性を保たなくてはいけません。

今回、日本政府としてもヨルダン政府に託すだけで「全力は尽くした」と言っても、まったく何もできなかったといえます。



中には「ただ待つしかない・・・」などと言っている高官もいたくらいです。

また、安倍首相は「この件の最高責任者は私」と訴え、海外で邦人救出のための自衛隊派遣に意欲を示しているとのことですが、これにはキナ臭さを感じてしまいます。

確かに政治は「結果が出せなかったけどがんばりました」では意味がありませんし、責任はあるでしょうが、都合の良い場面では都合の良いことを言うのが政治家でもあります。

今の国民感情としては怒りや憤り、許せない感情は理解できますが、日本政府の意図にも注意を払っていかなければならないと私は思います。

「じゃ、自衛隊派遣してもいいよね?」という流れになるのは、このような地に自衛隊派遣となると、ほとんど戦争になってしまうのではと推察されますし、また別に考える必要があるでしょう。

今回の事件でまことに無念であることは当然ですが、われわれ国民は一歩下がって冷静に見ていかなくてならないでしょう。


<スポンサードリンク>

posted by 夢追人 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック