<スポンサードリンク>

2014年12月15日

【選挙激論】村尾キャスターVS安倍首相 「アベノミクス限界か?」の問いに安倍総理キレたか!?

kokai.jpg
先日の選挙は天候の影響も重なって投票率も低かったようですが、自民党が圧勝となって、想像通りの選挙結果となってしまいましたね。

やはり、政権交代とまでは遠かったですかね…。

今回の結果で感じるのはアベノミクスの成果というよりも他政党の政権では現状からもっと酷くなるという想像からおそらく有権者の中では消去法になってしまったのでしょうか。

ただ、野党が議席を増やしたことは自民党が調子に乗らないようにする面でも抵抗勢力が上がったと見て良かったと思います。
そんな中で安倍首相がニュースZEROという番組で村尾キャスターと激論を交わしていたようですが、それが酷いとして話題になっているようです。


村尾さんが途中で注釈を入れた瞬間、耳からイヤホンを引っ張りはずして無視を決め込んで一方的に自論を展開し始めていますね。

アベノミクスが本当に成功しているというのであればすべて笑って否定論も冷静に論破できるのではないかと思いますが、意地になってしまっているのか見るに堪えない様相です。

安倍首相「村尾さんのように批判していても何も変わらないんです!」

熱くなったようなキレたようなこの発言も含め、半ば屁理屈の域とも思えてしまいますが…。

この部分の映像だけを見てもなんとも言えませんが、おそらく安倍首相が問いかけられた内容に答えていなかったのだろうと推測はできます。


また、池上氏VS安倍首相の場面もあります。ここでは安倍首相がムッとしているような印象も見受けられます。

このような激論では賛否両論あることでしょうが、ひとつに人間は痛い部分を突かれると熱くなって感情的になってしまうものです(苦笑)

つまり、いうまでもありませんが、アベノミクスはあまり上手くいっていないと言えますし、そもそもだから消費税増税延期と今回の選挙をしたのでもあります。

アベノミクスの影響で悪くなってしまった部分もあり、良くなった部分よりそちらのほうが大事であり、そこはまず素直にごめんさなさいと言えばいいのです。

そしてどうするか英知を集めて考えればいいのですが、どうして、いつもこのようにロジックを変えたり、都合の良い解釈になってしまうのか不思議なところです。

大事なことは国民は今回の選挙の結果で決してアベノミクスの成果が承認されたということではなく、消費税10%も承認したわけでもないはずです。

そこを履き違え、これからさらにえりを正さず、約束を守っていかないのであれば国民は随時行動に出ていくしかないでしょう。

アベノミクスはリスクもあるわけですし、最悪の事態では日本の未来はどうなるのかわからないと言えますので、このリスク管理はどうなっているのかとも疑問に思うところです。

<スポンサードリンク>

タグ:選挙 政治 安倍
posted by 夢追人 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック