<スポンサードリンク>

2014年09月27日

【火山噴火】御嶽山が7年ぶりに噴火!登山者多数の中、死傷者発生で最悪の事態!噴火予測は不可能!

参考写真.jpg
とうとう来たか…。こんな風に思ったかたも多いかもしれません。というのも世界的にみてもM9クラスの地震の後、周辺での火山噴火が発生している確率は100%だといいます。

長野県と岐阜県の県境にある御嶽山(おんたけさん)が突如噴火した模様です。当時多くの登山者が登山中でパニックになったであろうかと思われます。なかには逃げ遅れた人や噴石が直撃し大ケガや重症を負った方もいるようで現在は災害派遣要請を受けた自衛隊が救助に当たっているようです。

.1参考画像.jpg
↑御嶽山の位置


↑噴火して噴煙が風によって流れてきている様子。


↑山頂付近、河口付近の映像。
山頂の山小屋は灰まみれになっている。山小屋には避難したと思われる人影も確認することが出来ます。


↑登山者が投稿した動画。
噴煙が迫る!「ヤバイ!避難小屋どこ?間に合わない…」


↑登山者の証言映像。
「前兆もなにも感じなかった、死ぬかと思った」

この御嶽山は今月に入ってから火山性の地震が頻発していたのです。そして噴火といえば予測が可能という話を聞いていたのですが、気象庁は「地殻変動もなく、予測はむずかしかった…」と言っています。さらに「予告なしに噴火することがある」と言っている専門家もいるくらいなのです。

つまり、火山噴火の予測は不可能であると私は思います。そしてこれは全国のどこの火山でも起こることかもしれません。

今回は死傷者まで出てしまい最悪の事態だと言え、この映像を目の当たりにしたと同時に富士山も気になるところです。


<スポンサードリンク>

タグ:火山 地震 噴火
posted by 夢追人 at 20:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自然災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/406130965

この記事へのトラックバック