<スポンサードリンク>

2014年08月27日

【注意】伝染病のデング熱70年ぶりに国内感染で戦後初!赤道より暑い日本で蚊が大繁殖か!?

参考写真2.jpg
伝染病であるデング熱に感染した10代の女性が埼玉で発見されたとのことです。このデング熱は戦後では国内初で70年ぶりということで感染ルートはこの女性が海外へ行ったことがないということのなので海外から来た人から蚊を媒介して感染ということになるでしょう。

URL:埼玉県の10代女性のデング熱感染確認 国内感染例は約70年ぶりhttp://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20140827-00000449-fnn-soci
引用:
厚生労働省は、東南アジアや中南米で流行している感染症、デング熱の、日本国内での感染例を確認したと発表した。国内での感染例は、およそ70年ぶりとなる。
デング熱は、高熱や頭痛、筋肉痛などが主な症状としてみられる、熱帯や亜熱帯地域に流行する感染症。
有効なワクチンはなく、国内での感染は、戦後、およそ70年報告されていない。
厚労省によると、埼玉県の10代の女性が、突然の高熱で入院し、26日の検査で、デング熱の感染が確認されたという。
海外で感染して帰国後に発症するケースは、1年に200件ほど報告されているが、この女性に、海外への渡航歴はなかった。
デング熱のウイルスを媒介するヒトスジシマカは、日本にも生息していて、2013年、東京都内で、調査開始以来、最も多く確認されていたことが明らかになっている。
:引用終了

URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%B3%E3%82%B0%E7%86%B1
引用:
一過性の熱性疾患であり、症状には、発熱、頭痛、筋肉痛、関節痛(Arthralgia)、はしかの症状に似た特徴的な皮膚発疹を含む。治療方法は対症療法が主体で、急性デング熱にはいま起きている症状を軽減するための支持療法 (supportive therapy, supportive care)が用いられ、軽度または中等度であれば、経口もしくは点滴による水分補給、より重度の場合は、点滴静脈注射や輸血といった治療が用いられる。稀ではあるが、生命を脅かすデング出血熱に発展し、出血、血小板の減少、または血漿(けっしょう)漏出を引き起こしたり、デングショック症候群に発展して出血性ショックを引き起こすこともある。
主な媒介生物はヤブカ属の中でも特にネッタイシマカ(Aedes aegypti)やヒトスジシマカ(Aedes albopictus)などの蚊によって媒介される。ただし、ヒトスジシマカにとってヒトは主な吸血対象ではなく、デング熱の媒介はまれである。このウイルスには4つの異なる型があり、ある型に感染すると、通常その型に対する終生免疫を獲得するが、他の型に対する免疫は短期間にとどまる。また、異なる型に続けて感染すると、重度の合併症のリスクが高まる。
デング熱が文献に現れるようになったのは1779年からであり、ウイルスが原因であることや伝染経路について解明されたのは、20世紀初頭である。第二次世界大戦以降、デング熱は世界的に広まり、1960年代からその発生数は急激に増加している。現在では、110ヶ国以上で毎年およそ5,000万人から1億人が感染する風土病となっている。その原因として、急激な都市化や地球温暖化が関与していると考えられている。対策としては、蚊の駆除の他に、ワクチンの研究やウイルスに直接働きかける薬物治療の研究が進められている。
:引用終了


とりあえずデング熱は致命的ではないようです。しかしこの発展でデング出血熱というのがあるようでこは非常に命の危険があるとのことです。

本来、熱帯病のはずが日本での感染となった要因には蚊が大繁殖しまったこともあるということで、何より近年では日本は赤道付近よりも暑くなっており、非常に蚊なども住みやすい環境へと変わってしまっていることがあるでしょう。


現在予防法もなくワクチンもないので対策をするしかないようです。とくに蚊にさされやすいO型の人などは虫よけスプレーで蚊への予防が必要となってくると考えられます。


そして日本は海外からこのような伝染病が入ってこないようにかなりお金を使っているはずです。これが海外から入ってきたとなれば今アフリカから始まっている脅威のエボラ出血熱上陸ももしかするとゼロではないかと私は思います。

<スポンサードリンク>

posted by 夢追人 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 現代社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック