<スポンサードリンク>

2014年03月10日

【マレーシア航空】消息不明の謎深まる中、同時期に中国は民間機の撃墜指令をしていた!


バミューダトライアングルのごとくこつ然と姿を消した旅客機。

マレーシア航空の旅客機がクアラルンプールから中国に向かう道中にこつ然と姿を消し、途絶えた時間から60時間以上経過も痕跡が見つからず多くの謎が深まっています。.1参考画像.jpg
■機体の残骸が見つからない
機体は海上に墜落したと予想されていて乗員乗客の生存は絶望的になっています。しかし残骸すら見つからない状態で神隠しにでもあったのかとさえ思ってしまいます。バラバラになってしまった期待の一部の引き揚げは困難で時間がかかるということです。


■交信がこつ然と途絶える謎
機長と管制塔との交信が最初から一切途絶えてしまっているようです。機長が有事の際に出す遭難信号は2〜3秒で可能だというのにそれすらも出来ない瞬間的な出来事だったのだろうか…。機長はフライト18000時間のベテラン機長のようです。


■テロの可能性の謎
現在では一番濃厚とされている要因です。盗難パスポートで搭乗した二人が何らかの自爆テロ行為を行った可能性があるという見方で、これは中国行き旅客機ということで何か中国への不満を持っていた人物の可能性も考えられます。空港の防犯カメラにこのアジア人とされる二人が映っていたようです。

■中国側が撃墜した可能性の謎
中国ではちょうど同時期に北京に近付く民間機は撃墜するように軍に指令を出していたとのことです。しかし場所からも乗客の160人は中国人という理由からも非常に考えにくいですが一部この可能性も考えられます。政府がコントロールできていない人民解放軍が暴発し誤射でもしたとしてもおかしくはありません、






インドネシアではテロ集団が存在し、ウイグル問題もある中国の関連を含め現在は真相解明に向け、マレーシア、ベトナム、中国、米のFBIまでが捜査員を派遣しています。

.1参考画像.jpg
このボーイング777は日本でも活躍している機体ですので、もし機械的な不具合だとなれば我々も非常に心配になります。航空事故はなかなか起きないものですが、一度起これば甚大なものとなってしまいますね。
<スポンサードリンク>

posted by 夢追人 at 21:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 海外ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アフィリエイトプログラムのご案内

突然のご案内、ご無礼お許しください。
弊社は、バイナリーオプションサイト【Opshom.com】を
運営いたしております。
https://www.opshom.com/ja/

この度、運営会社変更に伴い、貴サイトのお力をお借りし
市場拡大のお力添えをいただけないかと思い、
ご連絡差し上げた次第でございます。

弊社の特徴といたしましては
英領バージン諸島にて、運営いたしており
最短、【60秒】でのお取引が可能となっております。

また、現在はご入金方法がクレジットカード、NETellerとなっておりますが、
今後はさらに拡大充実させご入金に拘らず、お引き出しに関しましても
スムーズなお取引がいただけるよう、数種類の入出金方法を準備しております。

お客様サポートに関しましては、現状24時間でのサポートは行っておりませんが
日本人による、日本語チャット、メールでのサポートを承っておりますので
お客様方にも安心して、ご利用いただけるかと存じます。
当面の間は限られた時間でのサポートとなりますが、
今後24時間365日の対応ができるサポートを視野にいれ、準備を進めてまいります。

またアフリエイトコミッションでございますが、旧運営会社の際に採用していたコミッションよりも
断然お得なものになっております。

今後、更なる市場の拡大が見込めます、このバイナリーオプションにて
貴サイトを通じ、是非とも弊社にお力添えいただけますよう、
お願い申し上げます。

また今後、ホームページのリニューアルも視野にいれおり、
それに伴いバナーや各種素材をアフリエイト様に提供できればと考え、準備を進めております。

是非一度、弊社ホームページをご覧いただき、貴サイトでの掲載をご考慮いただければ幸いでございます。

重ねまして、突然のご案内、大変失礼いたしました。
ご連絡をお待ちいたしております。

宜しくお願い申し上げます。

Opshom
-------------------------
Opshomホームページ: https://www.opshom.com
Eメール: support@opshom.com
-------------------------
担当:村田
Posted by opshom 村田 at 2014年03月11日 15:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック