<スポンサードリンク>

2018年06月19日

大阪北部M6.1の地震は前震の可能性!断層崩壊連動で本震はM7クラスか!?第二首都直下型地震襲来は東京都の未来図でもある

.1参考画像.jpg

6月18日、大阪府北部を震源とする直下型の大きな地震が発生しました。

この地震により、震源地付近では震度6弱を観測し、関西地方の広範囲にわたり、震度4〜5程度の強い揺れが襲ったようです。

また、家屋の損壊および水道管の破裂、停電、ガス供給ストップ、交通マヒ、全ライフラインも停止し状態となり、最悪の結末として犠牲者が出てしまいました。続きを読む
posted by 夢追人 at 22:00 | Comment(1) | 地震関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月17日

【地震情報】群馬県南部で震度5弱の地震発生!大久保断層ズレが原因か?関東付近の住民「千葉県で地震かと思った」

.1参考画像.jpg


6月17日、正午過ぎに群馬県南部を震源とする直下型地震が発生した模様です。

この地震により、震源地付近では震度5弱を観測し、関東地方の広範囲で揺れを観測しています。続きを読む
タグ:地震 群馬 関東
posted by 夢追人 at 22:00 | Comment(0) | 地震関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月15日

【注意】千葉県房総沖のプレート境界でスロースリップが発生中!大きな地震発生の恐れ!千葉県東方沖で震度3の地震発生で前震か?

.1参考画像.jpg

6月に入り、千葉県房総沖の大陸プレート境界で、微弱な地震が相次いでいるようです。

これは、いわゆる「スロースリップ」といわれる低速のプレートの滑り込みで現象というものです。

※スロースリップとは
地震学の用語で、普通の地震によるプレートのすべり(スリップ)よりもはるかに遅い速度で発生する滑り現象のことである[1]。「スローイベント」「スロー地震」「ゆっくりすべり」「ゆっくり地震」などとも呼ばれるが、厳密には「スロースリップ」か「ゆっくりすべり」が最も的確に意味を表している。海溝などの沈み込み帯ではよく見られる現象。また、1つのプレートの中に存在する断層の面でも発生する。(ウィキペディアより)


また、この場所は以前からスロースリップの指摘があり、中規模な地震も多く発生していることから、政府の地震調査委員会が注意喚起をする異例の事態となっています。続きを読む
posted by 夢追人 at 21:00 | Comment(0) | 地震関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月29日

【サッカーW杯2018】日本代表はグループステージ(予選)突破できるのか?突破のカギをにぎるのはズバリ!「初戦のコロンビア」

参考写真3.jpg

まもなく、2018年サッカーワールドカップが開催されます。
(開催国はロシア、開催日は2018年6月14日)

ワールドカップはオリンピック同様に、4年に一度のスポーツの祭典となりますので、普段サッカーをご覧にならない方やあまり知らない方なども注目するのではないでしょうか。

かくいう管理人である私も素人レベルですが、誰しもが率直に気になっている点はただひとつでなのではないかと感じます。続きを読む
posted by 夢追人 at 21:00 | Comment(0) | スポーツ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする